読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1or8

思いつくままに,書いてみよう!

MENU

「思い出のマーニー」を聴きました。

じいちゃんちからの帰り道、後部座席のチャイルドシートに陣取った4歳の姫に、私はまだ見たことがない「思い出のマーニー」をチョイスしたら食い入るように、ジーっと見てました。 

思い出のマーニー [DVD]
 

ここからが大変でした。

出発して20分ほどで姫は爆睡。午前中、じいちゃんちで楽しんだので当然ですね。

 

既に高速に乗っていたので、DVDを止めるのも面倒になりそのまま。

運転席のナビ画面は、走行中にDVDは見れず、昔、よく聴いたラジオドラマのように、音声だけ聴いてました。

この作品、100分ほどです。帰りは渋滞にもはまり、120分ほど掛かかったので1.2回分聴きました。

よくある、車内で起きているのは疲れたお父さんだけの状態で2回目は流石に退屈感が…

 

美術監督種田陽平さんで、ぜひ映像を見てみたいと思っているのですが、まだ見れてません。

最近のジブリ作品

となりのトトロ」「千と千尋の神隠し」「魔女の宅急便 」を代表するように、子供向け鉄板作品が多い中、直近の「思い出のマーニー」「風立ちぬ」「コクリコ坂から 」は子供・幼児には難しい作品。「かぐや姫の物語」はまだ見ていないのですが、どんな感じなんでしょうね。

ジブリファンとしてはとても楽しく見れるのですが、やっぱり子供向けの新作が欲しいこの頃。

 

ダダを捏ねたり、ちょっと1時間ほど、じっとしていて欲しい時のパパママの味方の「となりのトトロ」は1歳、2歳児には絶大です。この年頃って同じものを繰り返しみても、飽きないですよね。「おかあさんといっしょ」も鉄板ですね。

 

4歳にもなると、繰り返し見るのは若干少なくなりましたが、「面白い」「つまらない」の判断ができるようになり、見るものを選ぶようになってきました。

 

新作の「岸辺のふたり」は短編なので、長編の子供向けをぜひ出して欲しいと、少し不純な動機ですが、願うパパです。


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村