読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1or8

思いつくままに,書いてみよう!

MENU

公園トラブルはドキドキです

平日の夜は午前様が多く子供達と逢えないので、日中に買い物を済ませて、あとちょっとで2歳の怪獣と4歳の姫とボールを連れ、16時頃に公園に行きました。

 

すっかり暗い。一段だんと寒い。冬至が近づいてきてますね。

17時を過ぎると、公園で遊んでいる子供達は次々に帰宅。

われわれ3人とボールも帰ろうかと考えている時に、久しぶりのドキドキ体験です。

 

100均で買ったバスケットボールより少し大きいゴムのボールは、近くの植え込みの傍に置いてまずはブランコに。

そのあと、滑り台、うんていと遊び移ったけど、ボールはブランコのところ。

 

小学生4、5年生が帰る時に、姫と怪獣が大好きなボールに近づいて行くを見ました。

あ!持っていっちゃうかな・・・と思い、近づいて行きました。

小学生はボールを拾い上げてお持ち帰りの準備。

 

 さらに足を速めつつ近づき、何て声を掛けようか頭はフル回転。

① 大声で「返して!持って帰らないで!」

大人げない・・・

 

② 駆けって近づいて「うちのボールだから返してくれる?」

普通でひねりがない。その前に、なんで相手に伺いをたてる必要があるのか?

 

その間に、小学生はボールを持って友達と一緒に公園の出口に向かっています。

僅かな間ですが、頭の中でいろいろ考えた結果、出てきた言葉は

 

③  足早に近づきつつ、大きめの声で

「ボールを持って来てくれてありがとう!助かったよ」

 

小学生は「ボール見つけてラッキー!」から「え!?持ち主居たの?やばい」に表情と帰りの足が固まってます。

もう一度「うちのボールを持って来てくれてありがとう」と言うと、

「そういう事?」と少し驚きの表情に変わり、素直に返してくれました。

 

小学生は気まずそうに思ったのか、駆けって公園の出口に向かって行きました。

君も焦ったかもしれないが、話がややこしくなったらどうしようかな?と、強面の大人に絡まれるのとは一味違う緊張をしました。

 

後から考えたら他愛もないことですが、初めての公園トラブルは無事に乗り越えられて一安心。

忘れ物と勘違いされないように、移動するときは遊び道具も一緒に移動ですね。

 

その後、姫と怪獣は無邪気にボールと追いかけっこしながら無事に家に帰りました。

f:id:blogdedoon:20151221003747j:plain

 


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村